郊外に建つ、ご夫婦とお子さんのための住まいです。
敷地は、農業を営むご実家の隣りに位置し、将来は後を継ぐこともふまえ、室内に広めの土間を設けることが求められました。その土間に玄関納戸や、キッチンにつながったパントリーを隣接させました。土間のある敷地東側にはきれいな竹林があり、通風を確保すると同時に竹林を取り込むために、防犯上の格子戸が付いた掃出しの大きな開口を設けました。玄関には収納式のテーブルを設けたり、土間から直接タタミコーナーに上がれるようにするなど、農家らしい、客寄せに配慮した工夫もしています。
リビングは、敷地南にあるご実家の日陰にならないよう上部を吹抜とし、採光と開放感、上下階のつながりを確保しました。さらにはその空間に、垂木構造によるデザイン的な特徴を与えるとともに、1階〜2階〜小屋裏収納との風や空気の流れを作りやすい断面計画としました。
また敷地は高台にあり、榛名、赤城、浅間、妙義の山々が見えるとの絶好のロケーションを活かし、1階のダイニング、2階の主寝室、書斎、子供部屋を、眺望を意識した配置としました。さらに2階の個室間を木製建具で仕切ることで、夏の夜などの通風を確保するよう努め、その他家事動線としては、1階に物干し場を設け、洗面脱衣室から直接行けるようにするなどしています。
全体としては、建主様のご希望であった自然素材を多用していますが、それに加えて「色をいろいろ使いたい」、「家の中にいろいろな居場所が欲しい」、「キッチン壁にレンガを」など、建主様のこだわりがたくさん詰まった住まいになりました。

■主要諸元
 安中市/専用住宅/木造在来構法2階
建/床面積144.35u/2014年4月竣工