自然素材を用いた住まいづくりで定評のある株式会社関工務所さんの高崎事務所とSE構法のモデルハウス(「フェス スタイル ハウス」はSE構法「重量木骨の家」事業部)。高崎事務所の意匠設計と、モデルハウスのファサード・デザインなどを担当しました。

高崎事務所新社屋では、株式会社関工務所さんが今までに培ってきた伝統や技術を継承しながらも、今後の新たな方向性を表現した建物となるよう、「やさしさやぬくもりを持ち、健康や環境の面でも優れた無垢材や自然素材を多用」しつつ、FESSのコンセプトのひとつである「スタイリッシュなデザイン」とすることを意図しました。そのために、新たな拠点である「都市・高崎」が持つ記憶に調和するよう、「うだつを持つ町屋」をデザインコンセプトとして、道路に対して一定の訴求力を持ちながらも、どことなく懐かしさを感じさせるような「洗練された和風」のイメージでまとめました。また、内外空間の連続性を高めることにも努めました。

モデルハウスについても、この事務所において今後重点的に取り組んでいく「SE構法」であることがわかりやすいよう、集成材の構造体をあらわしにしたり、事務所社屋と共通の材料や色彩を用いることで、外観全体に統一感を持たせています。

さらに建物用途としては、1階にカフェ、打ち合わせコーナー、2階に展示コーナー、建築士サロンなどが設けられており、レンタルスペースとしても利用できるようになっています。これにより関工務所さんのお客様はもとより、住まいづくりに興味のあるみなさんや建築士、地域のみなさんなどに自由に利用していただき、「より良い建物、暮らしとは?」、「建物の美しさとは?」など大いに語り合っていただく場とすることで、価値の高い、多様な情報を発信できる拠点とすることを目指しました。

リンク : FESS STYLE HOUSE

■主要諸元
 群馬県高崎市/事務所・カフェ・専用住宅/木造在来工法2階建(モデルハウス:木造
SE構法3階建)/床面積132.37u
 /2008年7月竣工