低層住宅が多い良好な環境の市街地に建つ、ご夫婦とお子さんのための住まいです。
東西に長く、南と西が道路に接する敷地条件を活かし、建物も東西に長く、シャープに水平線を強調するような大きめのヴォリュームと深い軒を特徴とした、平屋のような形態としました。
室内は、タタミコーナーや家事・パソコンデスク、ピアノスペースも備えたLDKと、南側の物干しスペースに隣接した洗面脱衣など、家事動線を中心に、家族が集えて庭とも一体となった暮らしやすい平面計画としています。そしてそれらを、白い漆喰壁とカバやシナなどの木質材料の組合せにより、シンプルでやわらかな雰囲気でまとめました。

■主要諸元
 群馬県/専用住宅/木造在来工法
2階建/床面積139.11u/2010年9月竣工